皆さんが利用されるこのお部屋は、もともと洋室、ベッドで計画していました。しかし、完成直前に広島県助産師会のたから助産院を見学に行き、畳の方が落ち着くし上の子が来た時に使い勝手が良いよとアドバイスを受け、急遽畳に変更。マットのみを使っていました。実際、上の子を連れて産後ケアをご利用された場合は、畳の良さを感じました。

この度、需要があってベッドを組み立てました。赤ちゃんのベッドの高さが、ちょうど合っているので、寝ていても赤ちゃんが見えて安心できて、これもいいな…と。退院後すぐなら、ベッドの方が昇降が楽ですね。しばらくは、これでいこうかなと思います。

今年4月から、呉市の産後ケアは本当に充実しています。授乳困難や育児不安に、短い時間のデイケアや訪問型を利用させてくれる場合もありますし、産後ケア利用を出産後1年としている市町は広島県内でそうはありません。そんな呉市とともに、産後のお母さんや赤ちゃんを守っていきます。

ベッドに変えてみました